tokolelaki のすべての投稿

脱毛トラブルについて

ムダ毛の処理時に起こるトラブルは、正しい知識を持つことで回避できます。
今回はムダ毛の処理時に起こるトラブルに関しての情報を調べてみました。

脱毛トラブル:レーザー脱毛・光脱毛

認識不足のエステティシャンによるムダ毛の処理方法で、やけどなどのトラブルに巻き込まれる方が多いです。
医療機関での施術でやけどなどが起こった場合は、やけどのトラブルに対しての医療処置が行え、やけどの被害を最小限に留める事ができますが、エステでは医療行為は行えませんのでキチンとした応急処置や、薬による処方もできません。
よって、やけどした箇所を冷やすだけといった、ありきたりな処置しかできませんのでトラブルに至るケースが少なくないです。

▼厚生労働省の見解
厚生労働省は、電気やレーザーなどで行うムダ毛の処理は、医療行為という見解を示しました。
「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部とうを破壊する行為」を医療行為とし、医師免許を有しないものが行えば、医療法違反にあたるとの見解を示しました。

要するに、レーザーやそれに似たものを使ったムダ毛の治療は医療機関でのみ行えるということになります。

脱毛トラブル:毛膿炎

毛膿炎は、ムダ毛の処理を行った後、毛穴からばい菌が入り化膿してしまうケースでなります。
不潔な環境でのムダ毛の自己処理により毛膿炎になる場合が多いんです。
毛膿炎にならないようにするには、ムダ毛の自己処理するの前に処理する箇所や脱毛器具を消毒してから行うことで、毛膿炎のトラブルから回避できるみたいですので必ずしましょう。

脱毛トラブル:埋没毛

埋没毛は、毛を剃ったり抜いたりした時に何らかの原因で毛穴が塞がってしまい、皮膚の中で毛が発毛してしまうことをいいます。
埋没毛は毛の発育が止まるまで放っておくと、ほとんどの場合は自然に分解され排泄されるようですが、異物反応による炎症を起こしてしまうケースもあるようです。
炎症を起こした場合は、皮膚科で診察してもらうようにしたほうがいいでしょう。

脱毛の基礎知識

一言に脱毛と言ってもその手段はさまざまです。
医療機関・エステなど場所や方法によって効果も違いますし、
家庭で行う脱毛方法(永久脱毛以外の除毛)でも結果は変わってきます。

各部位のムダ毛の特徴

顔に産毛があると女性の場合は化粧のりが悪くなります。
男女関係なく、顔の色あいがくすんで見えます。
普段意識していなくても、鏡でよくみれば、頬やおでこにも
薄毛はたくさん生えているものです。

ワキ

脱毛、除毛のきっかけは大抵この部位からであることが多いです。
太く濃い毛が生え、剃刀で剃ると毛根が残り黒いポツポツとした見た目が残ってしまいます。
また、毛が残っていると匂いのもとにもなります。

比較的自分でも処理のしやすい部分です。
毛の太さそのものも薄く、簡単に剃刀で処理している人も少なくありませんが、
生え始めにチクチクしてしまい、非常に肌触りが悪く感じることも。

背中・うなじ

自分では見えない部分である為、意識が薄れがちです。
また、処理も難しい部位にあたります。
女性がドレスを着たりすると目立ってしまう場所であり、
男性も夏場タンクトップ等を着ると、目立ってしまう部位です。

腕を同じく、自分で処理がしやすい部分です。
きちんと処理をしないと、ストッキングの中で渦を巻いていたり、
または毛が突き抜けていたりと足のムダ毛も侮れません。
足が細くてもムダ毛が生えていると綺麗に見えません。

ビキニライン

ワキと同じく、太い毛が生えてくる場所です。 水着の季節になると気になる場所です。 デリケートな箇所なので 自己処理などで色素沈着を起こしやすい部位です。 剃刀で処理をすると、肌荒れや炎症を起こしてしまうことも少なくありません。